シミの特徴をチェック

シミの種類で治療法が変わる

老人性色素斑

境目がはっきりとしているのが特徴で原因は紫外線です。顔だけではなく手の甲や首など紫外線がよく当たる箇所にできやすくレーザーや飲み薬、塗り薬をうまく組み合わせて治療を行います。

そばかす

点状になって顔に散らばっているシミをそばかすといいます。小さいうちに出る場合も多く、遺伝的要素がとても強いタイプになります。ただ、そばかすに紫外線が当たると数がふえたり濃くなったりするため必ず対策をしましょう。

肝斑

目の下や頬にかけてできるぼんやりとしたシミは肝斑と呼ばれており、30代から40代を境に出てきます。女性ホルモンの変化や肌への摩擦が主な原因で治療は内服薬が一般的です。

広告募集中